ホーム > 使用機材

“ドローン”とは

 ドローンとは無人航空機の通称とされ、元は軍事目的での使用がされていましたが、現在では小型化・低価格化が進み、一般にも活用されています。

 ドローンには様々な使用用途があり、amazon社が推進するドローンでの宅配はその一つとして上げられます。また、農業分野での活躍、物理的制約を受けにくいカメラワークを可能にする空撮目的の使用などが上げられます。特にこの空撮目的で使用されるドローンは報道の現場や研究機関による自然調査をはじめ、コマーシャルやミュージックビデオといったエンターテイメントの現場でも用いられることが増えています。

 昨今ではドローンの墜落事故が話題に挙がり、所持や飛行に関して規制の動きが強まるとされていますが、悪意のある使用や周りを考えない危険な飛行をしない限りは安全なものであると言えます。

使用機材

DJI Phantom2 VISION+

outline01

WaveLaboで用いるドローン(=マルチコプター)です。

1080p/30fpsのカメラをジンバルという機構で支える事で、安定性の高い撮影を可能にしています。

またフライトしながらカメラの映像を確認できるため、WaveLaboでは撮影の際に立ち会っていただくことで、ご要望をすぐさま反映する形での撮影も可能です。

このドローンでは通常、地表面より高さ120mまでのフライト及び撮影が可能になります。
また、場所や天候等にもよりますが、操縦者を中心に半径100mの範囲でフライトが可能です。

outline01